闇金対策、警察への相談

闇金業者は一度お金を借りてしまうと、しつこい接触をしてきます。お金を返済しない場合など、時に暴力的な態度に出てくるようです。本人はもとより家族に対して脅しをかけてくることもあります。闇金は、正に暴力団です。闇金でお金を借りることは暴力団からお金を借りることと等しいのです。お金を借りた時点で、暴力団との付き合いが始まると思ってください。そうなった場合には、まず警察に相談しましょう。警察の方でも、闇金を取り締まっていますから、ある意味警察の業務に協力する形にもなることでしょう。特に、脅されたり、家屋に何らかのキズをつけられたり、暴力を受けたりした場合には、はっきりとした形で警察に「被害届」をだしましょう。相談と被害届とは重みが違います。被害届を出すと、警察は前向きに闇金業者を取り締まります。相談の段階ですと、見回り的な対応ということになります。被害届を出すためには、例えば脅されている時にボイスレコーダーなどで、録音すること。家屋をキズつけられたら、その個所の写真。暴力をうけたら、医師の診断書など、しっかりと用意しましょう。被害を受けたことをはっきりと警察に申し出ましょう。相手は暴力団です。ひとりだけでは太刀打ちできません。ひとりで行動しているうちは、向こうの思う壺でしょう。一刻も早く警察に相談し、警察とともに対処するようにしましょう。その後も闇金業者は接触してくるでしょう。その時に、警察の後ろ盾があると思うだけで、我慢できるものです。怯まずに、相手の要求を拒否するのです。警察に相談している、そしてお金を払わない態度を貫けば、向こうも諦めてくるでしょう。